痛くない 優しい 親切 ていねいな説明

ふしみ歯科の診療方針

ここでは、ふしみ歯科の診療方針を説明いたします。

 

1. できる限り無痛での診療

 

 誰でも歯科医院を敬遠してしまいます。それは、「痛い!」というイメージではないでしょうか?
 当医院では、最新の麻酔のテクニックを用いて、できる限り無痛での処置をしております。

 

2. 詳しい治療内容の説明

 

 多くの患者さんは、治療に対して疑問をいだくものです。それは、「どんな治療をされているのかな?」また「いつごろ治療が終わるのかな?」ということでしょう。当医院では、治療が始まる前後には、必ず適切な説明をさせていただいております。
 また、治療に関する質問にはいつでもお答えいたします。
 この説明に役立っているのが、デジタルレントゲンのシステムです。これにより、従来のようなフィルムを現像する時間を待つ必要がなく、瞬時に状況を説明できるようになりました。また、これによりX線の被ばく量も大幅に軽減されるようになりました。

 

3. 治療に関するご要望に適切に対応

 

 「突然、前歯が折れてしまった!」とか「結婚式があるので、それまでに歯を入れてほしい!」さらには「ゆうべ、歯が痛くてほとんど眠れなかった!」などということが起きるものです。このような急を要する治療が必要な時が多くあります。いわゆる「急患」というわけです。
 当医院では、このような緊急を要する処置についても、随時対応しております。予約の患者さんが優先されるので、多少の待ち時間が生じますが、急患で来院された方をお断りするようなことな決してありません。

 

4. 小児の治療について

 

 子どもたちは、とても強い恐怖心をいだきながら、歯科医院に連れられてきます。そんな子どもの不安を和らげ、スムーズに治療に導入していくのも、私たちの使命と感じています。そこで、当医院では、こわがる子どもたちには、いきなり治療を強制するのではなく、徐々に慣れていってもらいます。
 当医院には小児歯科認定医の女性歯科医師が週3〜4日担当いたします。泣き叫ぶ子どもの対応も十分に可能です。また、それを助けるのが、経験豊かな当医院のスタッフのメンバーです。  
 歯科衛生士2名、歯科助手5名が明るく、優しく対応いたします。現在子育て中のママさんスタッフが5名いますので、子どもの対応にも十分慣れています。

 

5. クレームにも誠実に対応

 

 歯科の治療においても、様々な問題がおこります。「銀歯がすぐとれてしまった!」「入れ歯が痛くて使えない!」など。これら治療後のケアもまかせてください。当医院では受付をはじめとして、スタッフ全員がこのようなクレームにも誠実に対応することを心がけております。何でも相談いただければ、早急に対応させていただきます。